LINEで送る


20170708 エマージェンザJAPAN決勝戦
箏、尺八、篠笛・能管、鼓からなる4人の邦楽器奏者とヴォーカリストによる5人編成のロックバンド

米国UCLA卒のマルチリンガルなボーカリスト MIKIKO を中心に2014年結成。バンド名は仮名五十音が「あ」から始まる事に由来し「新時代の日本音楽を創る」という意思を表している。邦楽器のメンバーにはバンド活動と並行して、伝統音楽の世界でも精力的に活動している気鋭の演奏家が集まっている。

激しくも美しいロックを中心としており、そのライヴパフォーマンスには定評がある。またコンサート内で演奏されている古典音楽はオーソドックスな伝統のスタイルを頑なに守りながらも、演出を工夫する事によってAKARA独自のパフォーマンスへと昇華。『静』と『動』の対比がユニークでオリジナリティ溢れるステージはコンクール等でも高い評価を得ている。

都内や地方のライブハウスを中心に活動しながらも2015年には山城国一ノ宮である賀茂別雷神社 式年遷宮奉祝行事にて奉納演奏を行い、他にもディナークルーズ演奏、レクチャーコンサートなど幅広く展開。ロックだけではなくアコースティック編成のアレンジでのプログラムを組む等、様々な会場やイベントに合ったスタイルを提案している。2017年、国際交流基金の要請によりドイツ公演を実施。ケルン 日本文化会館でワンマンコンサートを成功させ、デュッセルドルフ 『JAPAN TAG』ではメインアクトを務め、一万人を超えるオーディエンスを熱狂させた。

現在までで『孤高/ZIPANGU』『KOHAKU-琥珀-/Edge…』『KAGEROU-陽炎-/月の涙』と三枚のマキシシングルを発表。カラオケ配信も行っている。オフィシャルラジオプログラム FMうらやす(83.6MHz)『「あ」から始まる新発見~Discovery AKARA~』(2015年 1月~11月放送)にてパーソナリティを務めた。

邦楽器を『伝統音楽を演奏する為の楽器』でありながらも同時に『現代に生きる楽器』と考え、『伝統音楽』を守りながらも『新時代の音楽』を自らの手で作り上げていくスタイルをJ-trad Rockと称して活動を展開中。日本音楽で培った感性を活かして現代日本のロックシーンに新たな潮流を作り上げる。

<活動歴>

2014年7月26日、町田POP FESTIVALで審査員特別賞受賞

2015年7月29日、1st Single『孤高/ZIPANGU』販売。

2015年10月2日、東京の渋谷Gladにて初のワンマンライブ開催満員。

2015年10月20日、11月7日、ユネスコ文化遺産にも登録されている京都の上賀茂神社(賀茂別雷神社)にて第42回式年遷宮奉納演奏。

2016年4月4日より渋谷MEN’S 109フォーラムビジョンにて4月27日に予定されているツーマンライブのコマーシャル映像を2週間放映。

2016年4月27日、東京の渋谷WOMBにて『和太鼓 無限-MUGEN-』とのツーマンライブ開催。

同日2ndシングル『KOHAKU-琥珀-/Edge…』発売。

2016年6月15日、東京の渋谷CLUB QUATTROにてライブ出演。

2016年10月28日、東京の渋谷eggmanにて2度目のワンマンライブ開催満員。

2016年10月28日、3rd Single『KAGEROU-陽炎-/月の涙』販売。

2017年3月31日、東京の渋谷eggmanにて3度目のワンマンライブ開催満員。

2017年5月19日、ドイツ・ケルンにてホールワンマンライブ開催。

2017年5月20日、ドイツ・デュッセルドルフ『NRW 日本デー』Main ACTとして出演。

2017年5月28日、東京の東京ビックサイト『デザインフェスタvol.45』ライブ&ショーステージ出演。

2017年7月8日、東京の渋谷TSUTAYA O-EASTにて『エマージェンザJAPAN決勝戦』に出場し、6位入賞。

2017年11月24日、東京の渋谷eggmanにてワンマンライブ開催予定。

公式Facebook page:https://www.facebook.com/akararock
公式twitter page:https://twitter.com/AKARAofficial

(中文)

J-trad Rock band『AKARA』
日系古典·摇滚乐队『AKARA』
『AKARA』乐队可驾驭多语言的摇滚演唱,玩转日本传统乐器古筝、尺八(竖笛)、横
笛、鼓,
以全新的形式,于2014年集结完毕。
“在摇滚音乐会中,使用和式乐器淋漓演绎日本古典音乐”;
“使用摇滚唱法,将两首风格迥异的日本传统音乐《三曲》与《邦乐囃子》连通,
以史上独创的方式,探索新模式的“日本音乐”。
演唱活动以东京为据点展开。
在音乐竞演等活动中,AKARA充满能量的表现形式赢得了高度评价。
代表作《孤高》将于2015年春季发行同名主打专辑

(German)

J-trad Rockband “AKARA”

Die Band wurde 2014 gegruendet und kombiniert mehrsprachigen Rock, Koto, Shakuhachi, Querfloete und Trommel in ihrer Musik.
“AKARA” verbindet mit “Sankyoku” (Instrumentaltrio fuer japan. Musik) und “Hayashi” (Musikbegleitung in Noh, Kabuki) verschiedene Genres der japanischen Musik auf eine einzigartige, bisher nie dagewesene Weise. Die Band ist auf der Suche nach einer neuen, innovativen “japanischen Musik”, in welcher klassische japanische Instrumente in ihrer urspruenglichen Form in einem Rockkonzert gespielt werden.
Diese energiegeladene Performance erlangt in musikalischen Wettbewerben grosse Anerkennung.
Die Band ist derzeit dabei ihre Live-Aktivitaeten in Tokio auszudehnen. Auf dem Sender “FM Urayasu” gibt es eine Radiosendung “`A` kara hajimaru shinhakken ~ Discovery AKARA ~”!
AKARA`s bekanntester Song “KOKOU” ist ab Fruehjahr 2015 als Single erhältlich!

MEMBER | メンバー

MIKIKO MORI

ボーカル:MIKIKO

英語、日本語をメインに中国語や韓国語も話すマルチリンガル・ヴォーカリスト。
米国TOPランクの名門大学UCLA卒業。在学中音楽活動の中で、日本の伝統楽器、和文化・日本の歌をもっと世界に広げ日本を盛り上げていきたいと思いが一層強くなり日本帰国後に日本の伝統楽器を取り入れた音楽活動を本格的に開始。「日本のシンガー」をアピールすべく、長浜の絹の織物・着物など和装をして活動中。MCは聴衆に合わせて多言語で行うため好評を得ている。

第一回天下一音楽会東京大会優勝でZEPP TOKYO出場、総動員・観客投票数一位。ソロとしてプロバスケットボール東京サンレイヴスの試合ハーフタイムで歌を披露。NHK-FMに注目のアーティストAKARAとして出演、他、FM鎌倉・戸塚・大和、レディオ湘南、福島ココラジなどラジオ局を中心に出演。テレビ埼玉の音楽番組に1stシングル『琥珀』のライブがパワープレイとして幾度放送された。フラッシュアニメ『三国志女傑伝』に「琥珀」主題歌/「名も泣き花」挿入歌。原宿アストロビジョンに最新シングル『孤高』が1か月放映。

公式home page:http://mikikomori.com/
公式Facebook page:http://facebook.com/mikikomoriucla

TOMMY

箏:Tommy

7歳より生田流箏曲を、13歳より地歌三味線を上迫田日呂子、吉崎克彦の両師に師事。第2回邦楽ジュニアコンクール第1位、熊本県高等学校器楽コンクール3年連続金賞等。
2007年/熊本県高校生文化功労賞を受賞。
2008年/洗足学園音楽大学にて箏を石垣清美、三味線を西潟昭子、玉木陽子の各師に師事。
2012年/現代邦楽コースを首席で卒業し、優秀賞を受賞。同大学院在学中、大学院コンサートにおいてリサイタルを開催し、ソリストとして石井由希子作曲《箏協奏曲 翔》を委嘱初演。
第9回東京邦楽コンクールにて現代邦楽研究所賞(第2位)、第18回・第20回賢順記念全国箏曲コンクールにて奨励賞を受賞。
2014年/大学院を総代で卒業し、現在古典から現代曲まで幅広く活動している。宮城社教師。
宮城会、TOKIO KOTO派、熊本箏協会に所属。

JUNN.

尺八:KIZEN

神奈川県平塚市出身。
琴古流尺八を松山龍盟師・大山素盟師に師事。現在、琴古流・根笹派錦風流・普化本曲・現代音楽を三橋貴風師に師事。『大山貴善』の名を許される。摩頂山國泰寺所属「妙音会」に伝えられている古典本曲数曲を伝承。NHK邦楽技能者育成会第55期修了。
2013年/出雲大社 平成の大遷宮奉祝行事にて奉納演奏。
2014年/ドイツ ケルン、デュッセルドルフ両都市にて公演。
2015年/韓国 三清にて安山市立國楽団と尺八協奏曲を共演し、独奏を務める。
各地方に伝わる普化本曲の様式を学び、その上で異なる伝承過程を経た二系統の琴古流本曲の様式を学ぶことで古典尺八音楽に対して多面的な視点を持ち、自らの音楽性へと反映させている。
古典のみならず現代音楽、即興演奏、POPS、ROCK、民族音楽、現代アート、演劇や朗読・ミュージカルの伴奏、様々なカテゴリーのアーティストとのコラボレーションなど活動の幅は広い。特にロックとのコラボレーションの際の激しいパフォーマンスと豊かな音色の変化は定評があり絶賛される。
学校公演、幼稚園公演、ワークショップ、レクチャーコンサートなども多数企画・実施。イベントプロデュース多数。邦楽器の為の作曲も手がける。
現在、尺八教室開講中。市川和音会 講師、ヨークカルチャー上永谷 講師。
琴古流尺八 貴風会会員、公益社団法人 日本三曲協会会員。
ギター・尺八・和太鼓ユニット『竜神』メンバー。

TAKA

篠笛・能管:TAKA

東京芸術大学音楽学部邦楽科を卒業。以後長唄邦楽囃子笛方として、邦楽演奏会、舞踊会、 テレビやラジオに楽曲提供、Ustream等で演奏活動などを行う。
2013年フランス/JAPANEXPOにヨーロッパツアーを敢行し、3万人を魅了するなど国内外で幅広い活動をする。また啓蒙活動等にも積極的に取り組む。

 

鼓:YUU

幼少の頃より父・望月左武郎と四代目望月朴清氏より、長唄囃子の手ほどきを受ける。
1991年/父が総指導者を務める太鼓団体「鳩山鼓韻の会」に入会。
1996年/東京のプロ太鼓団体「大江戸助六太鼓」に入門。
1998年/同団体のレギュラーメンバーとしてプロ活動を開始。国内コンサート/海外ツアー等、演奏活動多数。また、在籍中はその他ユニットでも活動を展開。
2009年/大江戸助六太鼓より独立し、ソロの太鼓奏者として活動を開始。太鼓を用いた様々な形態のユニットを立ち上げ、新しい太鼓音楽のさらなる追究をするとともに、様々な分野のアーティストとの共演、楽曲提供、独自の太鼓打法理論を交えた教室の開催等、その活動は多岐にわたる。
2013年/自身のライフワークとして、太鼓プロジェクト「indra-因陀羅-」を設立。組太鼓の進化形の提示と、後進の育成に力をそそぐ。
2014年/邦楽囃子方・望月武和珂(もちづきたけわか)を許される。宮本邦楽教室 講師。